消防訓練やってますか?~面白くないを面白くする工夫

消火訓練

年1回の消防訓練、みなさんのマンションでやっていますか?

毎年はちょっと・・・・という方も結構いるんじゃないでしょうか。
そもそも防火管理者が選任されていなかったり。
そのうち消防署の査察が入って、指導されてしまいますよ!

本音では「毎年同じことの繰り返しで、つまんないんだよね」と思っていたりしませんか。
私はそう思ってます!

訓練というのは同じことを何度も繰り返して、体に染みつかせてこそ緊急事態で自然と体が動くといいます。
でも、マンネリ化の悩みは共通だと思うんでず。
消防訓練のアイデア事例と、Twitterで教えていただいた画期的な消火訓練をご紹介します。

避難する人と避難誘導する人のイラスト(ヘルメット)
恒例行事にどこまで真剣に取り組めるか??

2020年は訓練中止が続出

やっぱり本音はやりたくないんだなあ、と感じたのは「新型コロナウィルス感染拡大防止」を理由に訓練を中止するマンションが続出したことです。
消防署に問い合わせると、「やらなくていい」とは決して言いませんが、実質的に黙認されているようです。(啓蒙文書を配布するとか代わりの方法で、などのアドバイスがありました)

訓練って基本的に屋外で行うものだし、言うほど三密かなあ?

そう思ってもなかなか「絶対やらなくてはダメです!」とも言えない雰囲気を感じます。

マンネリ化するのも当然のこと

毎年やることは同じ。

  1. 予告された時間にベルが鳴ってスタート
  2. 通報訓練は、普段居ることが少ないはずの管理員さんがカンペを見て電話
  3. エレベーターを使って降りる方、サンダル履きの方、ベルが鳴る前から1階で待機する方
  4. 遠慮してなかなかやろうとしない消火訓練
  5. 理事長や防火管理者を遠巻きに、講話と締めのあいさつを聞く

こんな感じでご苦労さま、と解散するのが定番になっています。

手を変え品を変え・・・限界があります!

企画する理事会や管理会社も、何とかマンネリを打破しようとアイデアを出す努力をしています。

  • 消防署に協力をお願いして消防車に来てもらう(子供を運転席に乗せてもらったり)
  • 子ども向けにお菓子のお土産を用意する
  • 賞味期限が切れる前に非常備蓄品の乾パンや水を配布する
  • 2階のベランダの避難ハシゴを下ろして降下訓練(でも降りるのは消防設備業者さん)
  • ベランダの隔て板を蹴り破ってみる体験(あとで修理費5万円)
  • 消防署から防災用ビデオを借りて鑑賞会
  • 地区の防災センターにバスツアー見学会(バスの手配が大変で長続きせず)

出てくるアイデアはこんなところです。お菓子のお土産など、もはや訓練と関係ないです。
いかに参加者を増やすため、アイデアに苦労しているかお分かりいただけたでしょうか・・・・・

高杉晋作の似顔絵イラスト
おもしろきこともなき世をおもしろく・・・考え方次第です!

やっぱりメインイベントは消火訓練

訓練用消火器を使っての消火訓練がメインイベントでしょう。
取り扱い方法を実演で説明してから、希望する方に実際に使ってもらいます。

消火器の点検をする消防設備士のイラスト
水の入った消火器で、使い方を教えてもらいます

「少しでも面白さを」と考えて訓練用の的を2つ買ってみました。
放水した水が当たって倒れると「消火成功」が表示される仕掛けです。
でも的が軽くて、ちょっとした風で倒れてしまう弱点がありました。
的の近くに待機して、倒れたら直す!倒れたら直す!の繰り返しで結構忙しい。

1回目だけややウケします

軽すぎるから、ちょっと水がかかっただけで倒れて「消火成功」が表示されます。
いやいや、そんな簡単に消火ってできないよ・・・・?
そこで、簡単に倒れないよう重り代わりに木材を付けたり、試行錯誤してます。

消火訓練で怒られた

消防署職員さん立ち会いで消火訓練した際に、小学生のお子さんに訓練用消火器をつかってもらおうとしたところ、怒られました。

消防士さん
消防士さん

危ないから小学生に消火器を使わせないでください!!

せっかく子どもも楽しませようと思ってるのに、固いなあ

周囲の大人たちは消防訓練を「子どもも楽しめるイベント」と考えていましたが、消防士からすれば、命を守るための大切な訓練
怒られたとき最初は不満に思いましたが、よく考えたらプロの立場としての指導だと気付いて納得しました。
逆に、交流イベント程度に考えていた自分たちの意識を変えなくては!と思った一幕でした。

マンネリ打破の救世主!

毎年やっても飽きない、インパクトがあって、それでいて手間のかからない訓練ってないかなあ?

そんなことを長年考えていたところ、見つかりました!というかTwitterで教えてもらいました!
株式会社イグジットさんありがとうございます。

なんと、有効期限が切れた発煙筒を使って本物の火を消す消火訓練。これはインパクト大!
こちらのブログで詳しく紹介されていますのでぜひ見てほしいです。
消火訓練以外の記事も興味深くて読み応えがあります!

簡単!安全!マンションの狭い敷地内でリアルな消火訓練をやる方法
簡単!安全!マンションの狭い敷地内でリアルな消火訓練をやる方法

発煙筒の消火訓練に必要なもの

●ペール缶・・・1缶~必要なだけ
 定期清掃業者さんに頼めば無料でもらえると思います。ワックスの空き缶です。
●発煙筒を立てる土台・・・ペール缶の数だけ
 スチール製のペン立てと、それを乗せる土台。100均で売ってるものでOK。
 発煙筒から上方向に火を出すための仕掛けです。
 さきほどのブログに写真が載っているので参考にしましょう。
●発煙筒(有効期限切れ)・・・1回消火につき3本
 車に備え付けられている発煙筒(赤い筒)です。有効期限切れのものを使います。
 ヤフオク等で、100本=3,000円くらいで出品されていたりするので格安!
 1回の訓練で10回消火するなら、3本×10回=30本必要です。
●訓練用水消火器・・・数本(訓練参加人数による)
 訓練専用の水消火器です。
 驚いたことに、水道水をホースで繋いで注入するだけでOK。
 昔はコンプレッサーが必要だったのに。便利!進化してる!
 もしかしたら最寄りの消防署で無料でレンタルできるかもしれません。
 または、消防設備点検業者さんが持っているかも。
Amazon | ヤマトプロテック 訓練用放射器具 はやわざクン 3.0L (その他) YTS-3 | DIY・工具・ガーデン
ヤマトプロテック 訓練用放射器具 はやわざクン 3.0L (その他) YTS-3がDIY・工具・ガーデンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

セッティングの方法は、先ほど紹介したイグジットさんのブログで写真と図で詳しく解説されているので確認してみてください。
着火した発煙筒を投入する作業だけ、慣れないとちょっと危険かな??と思いました。
自分たちで準備するなら、耐火手袋は必須でしょう。
ホームセンターのバーベキューコーナーなど、1,000円~2,000円くらいで手に入ります。

慣れているならぶっつけ本番ですけど、できれば事前に天気のいい日を選んで、安全な広い場所でテストした方がいいでしょうね。煙も出ます。

でも九州エリアにお住まいの方は、無理せずイグジットさんに相談した方がよさそうですよ!
他にも色んな訓練方法など紹介されているので、参考になると思います。

消防署の協力は難しくなる・・・新しい考え方を!

地域によって違うかもしれませんが、昨今、消防署はマンションの消防訓練に参加しなくなってきたようです。何度か断られました。
「通報訓練」なのに「電話しないでください」と言われたこともあります。
仕方ないので「電話かけたふり」をしました。なんか独り言みたいで恥ずかしかったです。
これからの消防訓練・防災訓練には、今まで以上に自主性が求められ、新しい企画を取り入れて、人を集めて楽しませる工夫が必要になっていくのでしょう。

ガッツポーズのイラスト(作業服)
訓練にも専門家がいるのを初めて知りました

コメント