管理会社に就職したキッカケ~完全未経験からの転職

転職

管理会社に就職するまで

大学を卒業して、最初に管理会社に就職したわけではありません。

いくつかの職種を渡り歩いて行きついたのが管理会社でした。

管理業務主任者・マンション管理士を取得

大学では法学部を卒業し、司法書士を志していた時期もありました。

働きながら法律専門学校に通っていたのですが、なかなか合格できない中で焦りがあり、何か実績を残したいと思って受験したのが「管理業務主任者」と「マンション管理士」でした。

このときはまだ、この資格が本職になるとは全く思っていなかったなあ

そして司法書士試験への挑戦を断念すると同時に就職を決意し、資格を活かして採用された「独立系管理会社」で勤務することになりました。

まったく業界も企業も研究しておらず、本当に適当な決め方でした。
その後の人生を大きく左右することになるとは・・・・

弱点=人とのコミュニケーションが苦手

人と話すことが苦手です。

初対面の人と何を話せばいいか分からないし、飲み会も嫌いでした。

完全に、隅っこにいるボッチタイプです(笑)

そんな自分を変えようと考えて、あえて真逆の仕事に挑戦してみたかったんです。

かなり無謀な荒療治ですし、そんなことで生まれ持った性格は変わらないのです。

今もやっぱり人との対話は苦手です!

就職先の探し方

採用されたのはたまたま「独立系管理会社」でしたが、当時、独立系もデベロッパー系も区別はついていませんでした。

だって、業界研究していないんですから。

転職サイトに登録

よくある転職サイトに登録して、給料条件の良さそうなところに申し込んでみると、資格があることと、二十代で若かったことが武器になり、書類審査は簡単に通過しました。

今も昔も、フロントは常に人手不足の傾向です。
若さと意欲があれば、未経験や無資格でも採用されやすいです。

これは今もあまり変わってないと思います。


管理会社は色んな会社から常に求人が出ているので、インターネットの転職サイトを利用するのが一般的です。

中でもおススメは転職エージェントを利用することです。

複数の会社の情報を一括で取り寄せたり、表に出ていない情報が聞けたり、履歴書や職務経歴書の添削をしてくれたり、面接のアドバイスなどしてくれます。

要は窓口が一本化されるため、心理的な負担が軽減される効果が大きいです。

ハローワークや、企業のHPから直接申し込むのは少数だと思います。

求人はとても多くて、その中から「アタリ」「ハズレ」を見抜くのは難しいです。

当然、私は全くできませんでした!

最近の大手管理会社は「ワークライフバランス重視」を前面にアピールしています。
採用担当によれば「厳しい環境だとすぐ辞めてしまうから」だそうです。
労働環境はかなり良くなってきているので、きちんと募集要項や企業HPなど調べれば、大きなハズレは避けられるでしょう。
中小企業は・・・・その辺は特に気を付けましょう。

採用が決定

ブラック企業危険度が高いのは、中小企業やいつも募集している求人常連企業
※個人の見解です

ただし求人常連企業は、業績が好調で増員募集の可能性があります

中小企業は、物件数に対してフロントが足りず、激務になりがちで離職率が高い。

つまり欠員による補充です。社内の

情報が世に出てこないので実態も分かりづらい。

同じ「求人」でも、増員募集か欠員補充か、動機が全然ちがうんだよなあ

そして私が最初に入社したのは中小企業でした!

面接の当日、その場で内定が出て入社書類を渡され、考える間もなく自分の人生が決まった瞬間でした。

あの時の自分を小一時間、説教したいです。

初めての管理会社勤務

前任者が辞めるということで欠員補充による採用でした。

入社当時を思い出すと、今でも冷や汗が出ます
最近はようやく夢に見ることはなくなってきましたが、

不思議と記憶が飛んでいるのは自己防衛機能でしょうか・・・

前任者は1ヶ月で居なくなり、業務マニュアルがなく、質問しないと誰も教えてくれません。

でも周りの社員も忙しすぎるので、質問する空気じゃなかったのですごく気を遣いました。

見よう見まね、自分で考えて工夫して実行する。究極のOJTです。

あまりの忙しさに目の前のことで精一杯でした。
「辞める」と考えられないくらい思考停止・洗脳状態だったかな。

最初の大失態~初めての大規模修繕

引き継いでいきなり最初の仕事、大規模修繕工事が着工しました。

融資を受けることは決まっていたのに、工事完了まで融資の申し込みをしていませんでした。

いつ、何をすればいいのか知らなかったんです。

あれ?残高が足りないのにどうやって工事費を払うんだろう?

銀行が振り込んできてくれるのかな?

理事長が手続きするのかな?

工事費の支払い時期が近づいてきたのにお金が足りない。

フロントが、申し込みから審査書類の準備など、全てのお膳立てをするなんて。

せっかく借りてあげるのに、すぐに貸してくれないなんて!

結果的に、どうにか無理を言って頭下げて、最短で融資してもらって、支払いができました。

管理組合にも失態はバレませんでした。

むしろ一生けん命、融資の手続きに奔走してフロントが頑張ってた、というイメージだったかも。

「所詮は他人事」

先輩社員の迷言・・・いや、名言です。

自分の無知による失敗は数え切れません。怠慢による失敗も。

修羅場を迎えたときにこの言葉を思い出して、自分を落ち着かせて乗り越えました。

でも怒られるのが大嫌いな私は「自分の判断がマンションの将来を変えることもある」と自覚して、仕事は準備が9割だと考えるようになりました。

所詮は他人事だけど、怒られるのは嫌だから準備は万全に!

修羅場や失敗談が反面教師になったら報われるので、思い出したら書いていこうと思います。

たぶん、もう時効ですし!

コメント