掲示物のつくりかた~デザインにこだわってみると意外に楽しい?セルフ添削で昔の自分を指導してみた!

掲示板

注意文書をつくるのもフロントの日常業務です。
掲示板に貼られている文書を見ると、フロントマンの力量や、やる気が分かります。

そんなフロントマンの力量の物差しになりかねない掲示文書。
無機質な文字の羅列で満足ですか?
何年も前の掲示文書、いつまでも貼っていませんか?

ちょっとこだわるだけで、マンションのグレードがほんのちょっと上がります!(かも)
今回は私なりの視点で、文書を作るポイントを解説してみます。

「注意文書」はそもそもつまらないもの

掲示板に貼られている文書って、つまらない注意文書が多くないですか?

  • ごみの分別ルールを守って、決まった日に出してください。
  • 夜中は静かにしましょう。足音に気を付けましょう。
  • 車は白線の真ん中に駐車してください。
  • 野鳥に餌をあげるのを止めましょう。

たしかに、平穏な生活のために必要なことです。
でも、当たり前のことばかり書いていて情けなくなります。面白いわけがない。
それに、文書を書いて・校正して・印刷して・現地に届けて。めんどくさい。
時間と労力を割くのに生産的ではないから、大嫌いな仕事のひとつでした。

いっそ、なにか楽しみを見つけてみよう!

そこでデザインにこだわることにしたのです。
イラストを入れたり、配色やフォントに気を付けてみたり、文字の羅列からサヨナラです。

つまらないものを面白く、いっそ趣味にしてしまおうという発想でした。
たとえ自己満足と言われようとも、楽しければいいんです。

文書は「伝えることが目的」だと心得る

文字がびっしりの文書が掲示されても、誰も読みません。
書く側には伝えたい情報がたくさんある。読む側はできるだけ読みたくない。
これはもはや、読み手との戦いです!
全戸に配布して、じっくり読ませるなら文字数が多くていいんですけどね。

掲示板をじっくり読む人なんているのかな?

日ごろから掲示板に注意を払って読む人は、そもそもマナー違反なんてしないんじゃない?

張り紙が貼られた掲示板のイラスト
どうせ読まれないんだろうな・・・と思って書いてました

そう考えて、次の点に気を付けるようにしてみました。

• タイトルを簡潔に、大きい文字で注目させる
• 伝えたい内容だけ、具体的に書いて文字数を減らす
• イラスト、配色、枠線などで目立たせる
• 余白をなるべく大きくとってゴチャゴチャさせない

中でも重要なのは、1文字でも少なくすること
季節のあいさつも省略、いきなり用件を書きます。
情報量が少ない方が読みやすいし、文字を減らすには文章をかなり練らないといけません。

パッと見ただけで用件が伝われば、目的は達成なんです。

マネから始める

デザイナーの理事長がいて、そのマンションでは理事長が自ら作った文書が貼られています。
上に書いたような「分かりやすさ」の条件を満たしているので、自分もパクる取り入れてみることにしました。

プロの仕事をマネすることは、とても重要です。上達の最短ルートです。

デザインを理論的に学んでみる

しばらく理事長のデザインをマネして文書を作ってみました。

でもそのうち、自分のオリジナリティを出したくなります。
マネでは応用が出来ないケースも出てきます。
それに自分の周りを見渡しても文書にこだわる人はおらず、限界を感じました。

なんで理事長は、この色と配置とフォントを選んだのかな?デザインにルールがあるのかな?

理事長に聞いてみたところ、デザインは自由なように見えてルールがあるということを教えてくれました。

でもいまさらデザイン学校に通うわけにもいかず、書店で目を引いたので「ジャケット買い」でデザイン本を2冊購入してみました。そこに書かれていたのは・・・

  • やってしまいがちな「ダメな事例」・・・・・・・あるある、こういうダサい文書!
  • 表現をワンランクアップさせる「改善事例」・・・こう表現すれば良かったのか

自分の作る文書って野暮ったいよなぁと思っていた理由を、論理的に解説されていました。
間違いを指摘されたようでちょっと恥ずかしくて、でもなるほど!と分かりやすく説明している。
特に「やってはいけないデザイン」の方は、ダメ事例が自分に当てはまりすぎて笑いました。
文書を作る機会がある人は、読むべきだと思います。

あるある、こういうダサい文書・・・・ってそれ自分の失敗と同じやつ!

イラストをワンポイントで入れると効果的

チラシ、役所の文書、テレビにも使われ、目にしない日はないいらすとやさんに大変お世話になっています。膨大なシチュエーションのイラストが無料で、しかもかわいい。
イラストを入れることで注目度が上がり、文書のデザインがワンランクアップします。
ともすればトゲのある注意文書でさえ「和み」の要素を加えてくれます

気を付けるとすれば、1つの文書に入れるイラストはせいぜい2~3点までってことですね。
それ以上は文書がごちゃごちゃして「うるさく」なってしまいます。

かわいいフリー素材集
いらすとやは季節のイベント・動物・子供などのかわいいイラストが沢山見つかるフリー素材サイトです。

昔の自分が作った文書をセルフ添削&作り直してみる企画

管理会社に入社して2か月目くらいに作った「ゴミの注意文書」をセルフ添削してみました!そして、上記の「やってはいけないデザイン」「失敗しないデザイン」「いらすとや」を活用して「今ならこう作る」ということで、対比してみました!
もちろん、こんなこと初めてやります(笑)

入社2か月目に作った文書

いや~われながらひどい・・・・こんなの公開していいのかと迷いましたが。
赤ペン・マーカーは昔の自分への「指導」です。ダメ出しポイントを書いてみました。

ダメ出しポイント!!

  • 入居者各位殿 ←「殿」いらない
  • 行間狭すぎて読みづらい
  • 明朝だけで強弱が無い
  • 白黒2色で強調ポイントなし
  • タイトルに謎の網掛け
  • 文章が冗長、表記が不統一
  • 改行が変だから読みづらい
  • 「記~以上」を使う内容じゃない
  • 1,2の番号を使う意味なし
  • 行間せまいくせに謎の大きい余白

もしいま同じ内容で作るならこんな感じ

これくらいの情報量で十分なんだ!
● タイトルを大きく目を引くように
● 枠線で囲んで全体を引き締まった印象に
● 求めたいことを箇条書きで分かりやすく、文字数を少なくする
● 太めのゴシック系で読みやすくする
● 「白・青・黒・黄」の最低限の配色(これ以上の色を使うとうるさい)
● 余白に余裕を持たせて、詰め込みすぎない
● おなじみ「いらすとや」さんからイラストを拝借(かわいさで中和)
● 一番下は「こうなったらあなたも嫌でしょ?だから守ろうよ!」のメッセージ

この文書も、プロの方から見たら鼻で笑われるレベルかもしれません。
直すところ、まだまだあると思うんです。なんせ本2冊読んだだけですし。
その改善ポイントを追求していくことを、これからの楽しみにしたいと思います!

まとめ

つまらない仕事にもひと工夫を加えれば、楽しみを見つけられるかも。
これはデザインだけじゃなく、すべてに通じる話ですよね。
注目度もアップして、掲示物の効果が発揮されるようになります!

本を読んだだけで身に付くわけじゃありません。
誰かのデザインを参考に、マネから始めてみましょう。

デザインを意識すると、つまらない仕事も楽しもう!と思えるようになりましたよ。

入居者から「かわいい文書だね」など反応があるとやる気がUPします!

コメント