説明会で5時間不動の正座をさせられてから、超個性的な理事長を担当した話

正座

古い話なので、もう書いてもいいかな。

今回はただの個人的な体験談、思い出話です。

特に参考にならないと思いますが、たまにはこういう苦労談?も書いてみたくなりました。

ただのよくある説明会のはずだった

とあるマンションで、ある説明会を開催することになりました。
主催は管理会社です。
事前に資料を印刷して配布し、いざ当日。私と上司の2名が出席しました。
もともと一癖・二癖ある管理組合で、議論好きというより攻撃好きな人が多いので、十分に注意していたはずだったんです。

開催のあいさつと同時に挙手、からの集中砲火、そして大炎上

説明も始まらないうちに、重鎮のひとりが手を挙げて発言を求めています。

重鎮
重鎮

今日は一体、どこのマンションの説明会なんだ!!

いきなり怒ってるよ・・・・
どこのマンションって、なんのことだ??

話しを聞いてみると、配布した資料のマンションの「住所」が間違っていました
他のマンションのデータを上書きして作ったとき、住所の修正が漏れ、更にチェックもすり抜けてしまっていました。
マンション名や内容は間違っていません。間違っているのは住所だけです。
住所が違うからウチのマンションの資料じゃない!と言いたいらしいです。

重鎮
重鎮

こんないい加減な資料が信用できるか!説明なんか聞けるか!

ギャーギャーギャー!!と周囲も同調し始め、一斉攻撃が始まります。

ええ・・・間違ったのはこちらの完全な落ち度だけど。
説明を聞けないと言うなら、前日までに指摘くれればいいのに

わざわざ皆の前で、意地悪だなあ。
説明会を始められる雰囲気じゃなくなったぞ。

???
???

責任者はだれだ!役職は何だ!

上司
上司

責任者は私です。マンション部の部署長です。

???
???

そんなことは聞いてないんだよ!役職はなんだ!!聞かれたことに答えろ!

こういう感じで始まってから5時間一方的に責められ続け、私が入社する以前の不満までぶちまけられ、正座を崩せず、知らないことも含め怒られ続けました。

元々は住所を間違っていたことが発端なので、お詫びして、別の日に説明会をやり直すということでこの日は解散しました。(しばらく立てませんでした)

正座で足が痺れた人のイラスト(喪服の男性)
5時間連続正座、後にも先にもこれ一回

そして後日の説明会は、うそのように穏便に終わりました。
いったい何だったんだ・・・

時間は経過し、総会の前の役員選び

順番制が崩れているため、役員候補選びに大変苦労するマンションでした。
「責める雰囲気」の組合ですから、誰も役員をやりたがりません。

役員選びのルールは明確に!
役員
役員

説明会で声が大きかった人いたじゃない?この前入居したばかりだと思うけど、あの人に役員やってくれって声かけてみてよ。

まじかー!見た目もめっちゃ怖そうだったじゃないかー!

当時は「役員からの依頼を断る」という術を知らなかった私。その人に電話しました。

役員、やってもらえませんか?(断ってくれ・・・)

<span class="bold-red">新</span>理事長
理事長

いいよ理事長やればいいの?

あっさり理事長になっちゃいました。
自分のこの先の1年、終わったな・・・・と思いました。

黒塗りの高級車で若い衆お若い男性がお迎えにいらっしゃるんですよ?
二回り以上、お若い奥さんがいらっしゃるんですよ?

ハッキリ言ってめちゃくちゃ怖かったです!
怖い理由?全然分かりません。なぜでしょう。

新理事長体制、始動

私がマンションに行くと、エントランスまで理事長が出迎えてくれます。

にこやかな笑顔で、きっちり斜め45度の角度でお辞儀して、ご苦労さまです!!と元気にあいさつされます。そして栄養ドリンクをくれます。

理事長
理事長

この前はごめんね。入居したばかりで事情分からないし、みんなが怒ってたから、悪い管理会社だと思ったんだよ。
でも色々な人から話を聞いたら、間違ってるのはみんなの方だね。
管理会社さんは悪くないよ。大変なお仕事だね。
いつもご苦労さまです。

めっちゃ優しくていい人じゃん・・・・
(でも事情が分からなくても攻撃はするんだね)

そして新理事長は、マンション全体を見回ったり、年配の方に優しく声をかけたり、親睦会を企画したり。自分が正しいと思うことを、精力的に活動しました。

でも住民から、自分の意に反する意見が出たときは・・・

理事長、言葉は優しいけど目つきがめちゃくちゃこえーー

そして管理会社を批判する意見が出た時は、たとえ管理会社に非があろうとも、私の味方になって全力で守ってくれました。

味方としての援護射撃が強すぎてめちゃくちゃこえーー

そして、次第に住民さんたちの間では争いを避ける雰囲気が広まり、平和なマンションへと変化していくのでした。

これが抑止力ってやつか・・・・(たぶん違う)

結局聞けずじまい

ここに書ききれないエピソードはたくさんありますけど、私にとって強い味方でした。
なによりも、管理会社を小間使いのように下に見る人が多い中で、専門家・パートナーとして扱ってくれたような気がして、私の中に強烈な印象を残しました。

残念なのは、何のお仕事をされているのか、奥さんとの出会いなど、プライベートな素性まで聞けずじまいだったこと。
いや、あの雰囲気で聞ける人がいたら尊敬しますけど・・・。

教訓・・・・かな?

誠実に対応していれば、見てくれる人はきちんと評価してくれます。
人の意見に耳をかさない頑固さはあったけど、私からの提言に対しては、自分の意に沿わないものでも不服そうにしながら汲んでくれました。
きっと管理会社としての立場、知識、経験を尊重してくれたんでしょう。
だから私も、最低限ギリギリですけど、言うべきことを言えたと思います。
後にも先にも例が無い個性的な理事長でしたが、私にとって貴重な経験です。

住民からの不平不満が私に向かってくるから話を聞いたり、クッション材になったり、意見を調整したり、なだめたり、苦労もかなりありましたけどね(笑)

今でもマンションの近くを通ると、当時の理事長を思い出すという話でした。

今も元気かなあ?

コメント