役員の報酬~払う?払わない?正解のない議論が繰り返され・・・着地点は?

報酬

タイトルで「正解のない議論」と先に言ってしまいましたが、役員報酬に関する考え方はひとそれぞれ。
何が正しいと決まっているわけではなく、議論は平行線をたどることが多いです。

「報酬」「手当」など呼び名は様々ですが、役員を務めることへの対価として、管理費を財源に支払われることは同じなので、便宜上「報酬」で統一しておきます。

今日もどこかで繰り返される議論

反対意見
反対意見

報酬を払ってる理事会なんて聞いたことないですよ!これからいろいろマンションの修繕費がかかるのに、必要ないと思います。

反対?意見
反対?意見

役員はボランティアが当たり前だと思ってたので、お金がもらえてビックリしました。他のマンションではどうなんですかね?

賛成意見
賛成意見

自分の時間を犠牲にして皆のために働くんだから、報酬は当然でしょう。ボランティア=無償奉仕じゃないですよ。

賛成意見
賛成意見

「報酬(お小遣い)がもらえるんです」と言えたら、次に役員になる人を誘いやすいし・・・

賛成も反対も、どこのマンションでも出てくる意見はだいたい同じなんだよなあ。

標準管理規約では、経費はもちろんのこと、報酬も受け取ることが「できる」と定められています。
だから「報酬を受け取ることはおかしくない」という前提に立ったうえで「じゃあウチのマンションに必要か・必要じゃないか」を話し合うのが建設的な議論でしょう。

<標準管理規約>
第37条2項(役員の誠実義務等)
役員は、別に定めるところにより、役員としての活動に応ずる必要経費の支払と報酬を受けることができる。

「正解」はないけど「統計データ」がある

受け取ることが「できる」なので、皆さんで自由に決めればいいわけです。

「当たり前」という決めつけで意見を言ってはいけません!
対立が深まって議論が噛み合わなくなります!

他のマンションはどうしているの?と、気にする方が多いです。
管理会社で扱っている事例もありますが、まずは国土交通省が行った調査を参考にしましょう。
報酬の有無の割合や、報酬額の分布もあります。回答数:1670件のデータです。

支払っている支払っていない
24.2%73.3%
役員報酬の支払いの有無
※「支払っている」は理事長だけに払う場合を含む

国土交通省 平成30年度マンション総合調査 ※PDFで開くので注意。59枚目(95ページ目から。

役員
役員

なんだ、支払っていないマンションの方が圧倒的に多いんですね。

はい、でも内訳が大事なので、中身を分析してみましょう!
面白い傾向がハッキリと出ていますよ!

  1. 築年数が古くなるほど、支払っている割合が高くなる
    • 平成7年(調査時で築23年)を境に傾向が変化します。
    • 平成6年以前のマンションは30%以上が支払っていて、年数と共にその割合はどんどん増加します。
    • さらに昭和49年以前になると、支払っている方が多数派に逆転します。
  2. 戸数が大きいほど、支払っている割合が高くなる
    • 200戸を超えると、支払っている割合は40%以上まで増加します。
    • 逆に50戸未満では20%を切ります。

このデータが示しているのは年数とともに役員のなり手が不足して、報酬を払うようになる」「戸数が多いと賃貸数も増えて、役員が負担や不公平を感じている」「報酬を出しやすい予算規模」などの背景があるんじゃないでしょうか。
日ごろの業務で感じている印象に近い、納得のデータです。

報酬制度にどんなものがあるか

とは言っても、統計のデータでは個別の事情まで分かりません。
他のマンションのことはあまり気にせず、自分たち中心に考えましょう。

そこで「どんな支払い方があるの?」という質問に答えを用意しておかなければならないので、ざっくりと3つに分類してご紹介します

1.定額制

もっともイメージしやすく、一般的な方法ですね。毎月、決まった金額を支払います。
何か月分かまとめて払ったり、前払い、後払い、違いは色々です。
理事長、副理事長、会計担当理事、監事など、役職によって金額に差を付ける場合もありますね。

役員
役員

途中で辞任するかもしれないし、後払いが妥当じゃないですか?

役員
役員

責任と報酬の重みを感じて責任感を持ってもらうために、1年分を前払いするんだ!

いや、ほんと色んな考え方があるもんですね・・・・

2.対価制

役員
役員

理事会に一度も出てこない人に、同じ報酬を払うのって変じゃない?

当然こういう意見が出てきます。それに答える形で登場するのが対価制ですね。
対価制には2種類あります。

 <2種類の対価制>
 ① 理事会の出席回数に応じて支払う
 ② 特別な作業をした場合に支払う

①は理事会に出席したら、一定額を出席した役員に等しく払います。
②は役員に限りません。一般組合員も対象です。
作業の定義が曖昧になるので「労務報酬規程」を定めている場合もあります。
道端に落ちてるゴミを拾ったとか、日常的なことは対象外で、フェンスを塗装する、緑地一帯を草刈りする、植栽を剪定する、蛇口を交換するなど、本来なら専門業者に委託して費用が発生するもの、これを代わりに行った対価として支払います。(それでも報酬は格安)

住民有志で作業することもあります

3.ミックス制

定額制と対価制を組み合わせます。どちらか決めきれないとき第三の手段として大体これ。

  • 定額制部分・・・・金額は低めに設定。一部の役職付き役員だけに払う。
  • 対価制部分・・・・理事会の出席回数に応じて平等に支払う。
  • その他・・・・・・通信費や交通費などの名目で支払う。必要経費。

金額はどうやって決める?

総会の決議が必要ですから、管理組合の収支予算がマイナスにならない範囲で提案しなければ合意を得るのが難しくなります。(どうして報酬制度が必要か事情説明も必須です)

報酬の金額設定は、役員の人数、規模、予算の状態、そもそもの考え方によって全然違います。
理事長を例に出せば、月に2万円くらい支払ったり、2千円くらいだったり。バラバラです。

バラつきが大きすぎて、平均額を出しても全く参考になりません

対価制には大よその相場がある

対価制に限っては、「最低賃金+αくらいが妥当じゃない?」という大よその相場、共通認識があるようです。

ですから、1時間あたりの単価は1,000円~2,000円くらいでしょうか。

理事会出席だと、1回の理事会を2時間として、1回出席=2,000円くらい。
作業対価はもう少し高めに設定したり。

お渡しするとなぜか私に「ありがとう」とお礼を言われます。組合のお金なのに・・・

まとめ

どういう報酬制度がおススメですか?と聞かれた場合、ミックス制を軸に考えるのがいいんじゃないでしょうか、と答えます。

  • 定額制部分・・・・金額は低めに設定。一部の役職付き役員だけに払う。
  • 対価制部分・・・・理事会の出席回数に応じて平等に支払う。
  • その他・・・・・・通信費や交通費などの名目で支払う。必要経費。

方針が決まったら、次に単価を決めるため年間の報酬額を試算してみましょう。

 定額制部分の予算 = 人数 × 単価 × 12か月
 対価制部分の予算 = 年間理事会回数 × 出席者数 × 単価 

そこで全体額が「多すぎる」と感じたら、単価を調整して、妥当と思える予算を探しましょう。

順番制が機能している管理組合は、報酬制が無いことが多いです。
裏を返せば、順番制が崩れたときに、役員報酬制の議論がスタートするということです!

役員手当の清算・受け渡しは、管理会社的にとっては面倒です。基本的に現金手渡しですし。
ぜひ「後払い」「1年分まとめ払い」「振り込み」を採用してください!
どうしても現金払いなら、見込の手当をあらかじめ出金する「仮払い」を認めてください!
なぜなら、フロントが自腹で何万円も立て替えることがあるからです・・・
金欠のイラスト(男性)
数万円を立て替えるの・・・・

コメント